パソコンを使っているスールの男性のイラスト

転職に重要なもの

javaの技術を持っていれば、それだけで転職に有利なのは間違いありませんが、javaができれば必ず面接に合格できるというわけではありません。せっかくのjavaの技術を無駄にしないためにも、まずは履歴書の書き方など基本的なところから押さえていきましょう。
最も大切なのは、自分がどれくらいの技術を持っているか正確にアピールすることです。「javaが使える」と言っても、基本中の基本しか使えないのか、応用技術も使って一人で様々なものを作れるのかどうかということでは大きな違いがあります。企業が中途採用者に求めるのは即戦力になれるかどうかなので、しっかりアピールできるようにしておきましょう。
即戦力になれる技術があれば、あとは履歴書の書き方や話し方など、常識の範囲内での問題になってきます。この辺に関してはどの会社に行く際にも必要になりますし、日本で生きていく上では逃れられない内容になりますので、今のうちにしっかり体得しておきましょう。

履歴書の書き方や面接のときの話し方が分からないという方は、近くにある就職者支援施設を利用しましょう。ハローワークなどがそれにあたりますので、誰でも気楽に利用できます。
ハローワークでは履歴書の添削や面接の練習などもしてくれますので、自信がない方には最適です。特に若者支援のプログラムであれば懇切丁寧に指導してくれますので、積極的に活用しましょう。
ハローワークなら転職の際の相談にも乗ってくれますし、様々な求人の紹介してくれます。仕事を探しながらも働くために必要なスキルが身についていきますので、転職の前には一度訪れることをオススメします。